家族のことも考えて健康住宅を選ぼう|身体にもやさしい家づくり

住宅

健康は家づくりが基本です

部屋

快適な空間を維持できます

家は住む人の健康に大きな影響を与えています。家族の健康を第一に考えるのなら健康住宅にする事が必要です。家づくりにはある程度の建物についての知識が必要です。特に断熱性については暮らす上で様々な面に影響してきます。断熱性に優れている家は夏は過ごしやすく、冬は暖かさを感じるのが特徴です。結露が生じ難く、暖房効率もよく、経済的です。断熱性が高い上に快適性を求めるのなら檜や杉等の無垢材を使用して建てるのが最適です。無垢材は湿気が生じれば吸収し、乾燥すれば水分を放出してくれるので、常に一定の湿度を維持してくれます。一般的に集合材や合板等が利用されますが、これ等には様々な症状に対するアレルゲンとなる物質が多く含まれています。原因がはっきりしないアトピー性の皮膚炎等はこれ等の建築資材が原因となっている事も少なくないです。そしてフローリングを冷たく感じる事があります。しかし無垢材なら空気を多く含んでいるので優れた断熱性により体温を奪わないです。冷え性等に悩む事もないです。無垢材を使用した健康住宅を建てるには注文住宅になりますが、依頼する業者選びは慎重になる事が必要です。無垢材や自然素材を使用した健康住宅を宣伝していても、全てを無垢材にしているとは限らない場合もあります。使用する無垢材が国産なのか、輸入材なのかでも費用が変わってきます。理想的な健康住宅を建てるには工務店やハウスメーカーが主催する説明会等に積極的に参加して知識を蓄える事も必要です。