家族のことも考えて健康住宅を選ぼう|身体にもやさしい家づくり

女性

家は健康に影響します

レディ

家は住む人の健康に大きく影響する事があります。費用だけで決めてしまわずに健康住宅となる様に配慮する事が必要です。注文住宅を選べば身体に優しい建築材を使用する事ができます。アレルギー等で苦しんでいる人でも快適に暮らす事ができます。

健康は家づくりが基本です

部屋

いつも健康的に暮らすには健康住宅にする事が必要です。注文住宅で無垢材を使用して家を建てれば、断熱性に優れた快適な空間を維持する事ができます。家づくりにはある程度の知識が必要なので、業者が主催する説明会等に足を運ぶ事も必要です。

外観以上に目指すもの

住宅

最近目にすることの多くなった健康住宅は、外観や高級志向といった面を捨て、健康と安全を主目的にした住居です。気密性や断熱性を優先した近代的な建築法の中で、空気の循環を目的にしたり、シックハウス症候群の対策として無垢材や漆喰塗りなど天然素材を多用しているのが特徴です。

健康トラブルを防ぐ住宅

住宅模型

体質に合うかどうかを確認

住宅は、本来は住む人を守るためのものですが、中には住むことでかえって健康状態が悪くなる住宅もあります。たとえばシックハウス症候群の人は、ホルムアルデヒドを放出する集成材などが多く使われている住宅では、健康的な暮らしが困難と言えます。また冷え症の人の場合、断熱性の低い住宅に住むことで、それが悪化する可能性があります。さらに高血圧の人は、屋内での温度差によるヒートショックで生命を失うこともあるのです。そのため昨今では、こういったトラブルを防ぐために、健康住宅に住まうことを希望する人が増えています。健康住宅は、ホルムアルデヒドの放出量が少なめとなるよう、工夫して建てられています。床や壁などに断熱材を多く入れてあるので、冬でも室温が安定しやすく、体が冷えの影響を受けにくいと言えます。またヒートショックが起こりにくいように、特に室温が下がりがちなトイレや浴室に暖房が設置してあったりするのです。ただし建てた健康住宅が体質に合うかどうかは、実際に住んでみるまでは明らかになりません。そのことから、健康住宅を建てるのではなく借りるという人も多くいます。賃貸住宅の中には、健康住宅として建てられているものも数多くあるので、まずはそこに入居して、体との相性を確認するのです。賃貸住宅ですから、万が一体質に合わなかった場合には、退去することも可能です。また、将来健康住宅を建てる際の参考になるというメリットもあるため、関心を寄せられています。